集客のためにはたった5つ!これだけは抑えておきたい改善ポイント

集客のための5つ

はじめまして、ダブルドット合同会社代表の三好です。

いまはインターネットが全盛となってきましたが、実は見込み顧客を集める方法というのはアナログの時代から実はあまり変わっていません。使うツールがインターネットに関するものに置き換わっていっているのです。

ただ、どうしたらいいかというと、やはり具体的な方法が見当たらずに不安になっている方も多いと思いますので、他のお店などと差をつけるためのホームページ改善方法を今回特別にご紹介します。

今回提供する情報は基本的な内容ですので、もしかすると「うちは最低限のことならできているはずだから必要ないよ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、本当に大丈夫かどうかの確認の意味を込めてチェックしてみてください。

これだけは抑えておきたい改善ポイント5つ

<<改善ポイント1>>スマートフォンでも貴社の商品やサービスの情報がみれるようにしましょう。

今や人口の6割の人がスマートフォンを持つ時代になっています。スマートフォンはいつも肌身離さず持っている人が多いので、ちょっとした合間の検索はスマートフォンを利用して行われるようになっています。

電車やバスの待ち時間など、ちょっとした時にすぐに検索をするというのが今の流れとなってきています。

スマートフォンに対応しておくと良いのは、パソコンで見るのとちがい他のサイトとの比較をするのが画面サイズなどの理由で難しいので、スマートフォン用の良質なコンテンツを用意しておけば、来店してもらえる可能性がぐっと高くなります。

<<改善ポイント2>>簡単に「予約」「来店」のアクションがとれるようにしましょう。

ホームページを見られた際に一番してもらいたいのは「予約」「来院」ですが、これがホームページ上から簡単にできるようになっていますか?

簡単なフォームでの予約や、来院するための情報をきちんと見せることが重要です。

来店するための情報としては、駅からだと何分くらいかかるのか、駐車場はあるのか、カードは使えるのか、などの一見すると大したことがないようにおもえてしまう情報です。

せっかくホームページを見てもらっても、「駐車場があるかどうかわからないから行かない」「どの路線で行けばいいのかわからない」などの些細なことで来院を逃している可能性があります。

考えられる情報はなるべくわかりやすいところに可能な限り表示してください。

<<改善ポイント3>>文字を大きくしましょう。

いまのホームページの文字はどれくらいのサイズでしょうか。

スマートフォンが普及する以前に作成されている場合、おそらく文字サイズが小さすぎる可能性が高いです。

いまは様々な端末でホームページが見られるので、スマートフォンのような小さなディスプレイしか持たない端末で見た場合、読めない可能性があります。

あまりに小さいと誤読したり、読むのが面倒になってしまうという可能性があります。

<<改善ポイント4>>FLASHをやめましょう

FLASHはスマートフォンでは見れません。

スマートフォンで見れないものはあなたのホームページに来て くれた人の6割の人が見れないものだと理解してください。

この部分を改善するだけで、ホームページからの集客はガラッと変わる可能性があります。

<<改善ポイント5>>来店することで受けられるメリットを前面に出しましょう

最新の技術や商品の紹介も大事ですが、ホームページを見ている人が来店した場合、どんないい結果が待っているのかという魅力を最大限伝えましょう。

ホームページの内容を確認して、「この情報は本当に商品やサービスを探している人にとって必要か?」 というのを自問自答してみることで、良質なコンテンツやキャッチコピーが生まれます。

これらの情報は、我々のような制作会社から出てきてる内容ではなく、お客様から実際に対応を 依頼されて効果のあったものを抜粋してご提供しています。

今は「何かを探す」というのがスマートフォンによって大きく変わってきています。

ですので、その部分をきちんとサポートすることで、ホームページを訪れた人をイライラさせるこ となく「閲覧者」から「お客様」にすることができるようになります。

今、人々の周りには情報があふれています。そのため、ちょっとでもいやなことがあるとすぐに ホームページを離れていってしまいます

「本当に来院してくれる人のためにホームページを作ろう」ということを考えていくと スマートフォンに対応する必要があるというのが現状ですので、こちらの対応をご検討ください。

そうすることで、確実に集客が万端になっていきます。

ただし、この方法は最低限のものであり、よりよい成果を得るにはもっと様々な改善が必要になってきます。

そもそもホームページの運用・改善は常に仮説をたて、アクセスなどを解析しながら長期間にわたって行う必要があります。

そうすることでどのような方針で進めていけばこの地区で来院してくれる方が増えるかということがわかるようになってきます。

これは、短期で結果がでるものでもないため、過去にはクライアント様に嫌味を言われる恐怖と 戦いながら解析データを持って言っていました。 しかし、その数々の失敗があるからこそ、他に負けない提案ができるのです。

そこで、単刀直入にご提案します。

ホームページの改善をダブルドットに依頼しませんか?

貴社がダブルドットに依頼をすると以下の様なメリットが有ります。

  • 代表自らが実施するので、社内で責任のなすりつけ合いがなく、私が責任をもって貴社をサポートします。
  • その他のお店やサービスと差別化を図ることができます。
  • ホームページの運用を貴社内でできるようにレクチャーを実施します。

ダブルドットは1地域1職種1社しか受け付けておりません。あくまでも地域No1になるためのサポー トを実施するため、あとから同地域での申し込みがあったとしてもお断りをすることで、お客様 を徹底的にサポートする所存です。

安易にいろいろな会社からの依頼を受けて貴社のサポートが疎かになるようなことは我々の望むことではありません。

私は、この信念のもと現在共に成長していける会社を1地域1地域1職種1社でのみ募集しております。長期的な信頼のある関係を気づいていきたいと切望しております。

もちろん商売ですので、おのおのメリットが無ければ信頼関係は気づけません。そこで、更に詳しい貴社のホームページの改善案・レポートをご提供させていただければと思います。

貴社名とURLをお知らせいただければ、すぐに調査を行って改善案をご提出する準備は整っております。

なにぶん調査とレポートの作成については非常に労力のかかる作業ですので、御連絡はお取引にご関心のある方のみお願い致します。

貴院名
例:)〇〇歯科医院
お名前
例:)田中 太郎
メールアドレス
例:)sample@sample.com
対象URL
例:)http://d2inc.jp

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。