三好 泰史

WordPressのページを定期的に切り替えたいなら - Time goes by –

timegoseby

ページ内の特定の部分を時間や期間によって切り替えたい場合、これまでだとPHPなどでテーマをカスタマイズして対応する必要が有りましたが、このプラグインを利用することで、簡単に実装することができるようになっています。

Time goes byについて

ショートコード [tgb ][/tgb] で囲まれた部分が start_time, end_time, config で指定された時間帯等に表示されるようになるプラグインです。 start_time だけの指定 end_time だけの指定も可能です。

[tgb start_time=”20160101″][/tgb] で囲まれた部分は 2016年1月1日を迎えると表示されます。 [tgb end_time=”20161231″][/tgb] で囲まれた部分は 2016年12月31日になるまで表示されます。
2016年12月31日いっぱい表示したい場合は [tgb end_time=”20161231235959″][/tgb] で囲むか [tgb end_time=”20170101″][/tgb] で囲むと2017年1月1日担った瞬間表示されなくなります。

より詳細で繰り返しも可能な config パラメータの設定ができるようにしました。
設定は config=”day:1|2|3|4|5,hour:7|8|9|10|11″ のように設定します。 上記の設定は下記のように理解されます。

「毎月1〜5日 の 7〜11時 にだけ表示される」

これに start_time, end_time も絡めて詳細に繰り返しとなる部分を設定することが可能です。
そして複数の設定を一度に行うことができます。パラメータをカンマ区切りで指定できます。
** 複数の設定は記述の順番に実行されます。ただし、任意のパラメータについては最後に実行されます。
** 規定のパラメータ、任意のパラメータ以外のパラメータは無視されます。

config パラメータは下記の設定が出来ます。
[1] hour: 24時表記で設定します。7〜10時という場合は hour:7|8|9(10時台に入ったら表示されない) というように | (vertical line)で区切るようにします。
[2] day: 毎月○日の設定をします。 day:7|8|9|10 とすると 7〜10日というようになります。
[3] week: 毎週○曜日の設定をします。 week:sun|mon|tue とすると日〜火曜日という感じです。一応日本語での設定も受け付けるはずです。 week:火|木|土 など。
[4] month: ○月の設定をします。 month:6|7|8 とすると6〜8月という感じです。季節ごとの表示切り替えができる感じです。
[5] 任意のパラメータ これは
     add_filter(‘time_goes_by_judgement’, ‘〜任意のメソッド名〜’, 10, 3);
     という感じにfunctions.phpに記述し
  任意のメソッド名にて TRUE か FALSE を返却すればそのように表示されます。
  そもそも他の判定に依存しないように $flg を引数に入れていますので、そこまでの判定を覆すことも可能です。
  $config には任意のパラメータ以外の上記パラメータも入ってきます。 $content にはショートコードで囲まれた部分が入ってますので
  様々な利用方法・判定方法が考えられます。
  apply_filters( ‘time_goes_by_judgement’, $flg, $configs, $content );

  祝日に表示する などは現在のプラグイン自体にはない機能ですが、これを使って実装すると良いでしょう。

例: [tgb config=”month:1|2|3,day:5|15|25,hour:13|14|15″]1〜3月の 5の付く日は タイムサービスを行っています!!! ただいま13時〜16時までサービスタイム実施中!![/tgb]

・timezone=”Asia/Tokyo” のようにパラメータ指定でタイムゾーンの指定ができます。

このデフォルト値は内部設定のタイムゾーンとなっています。

このデフォルト値は管理画面から変更することが可能です。

その他、この中で利用出来るように[disp_content][disp_title]ショートコードも用意しました。
[disp_content post_id=”xxx”] とすると、投稿IDがxxxのコンテンツを表示します。 [disp_title post_id=”xxx”] とすると、投稿IDのタイトルを表示します。

例: [tgb start_time=”20160101″ end_time=”20160201″] [disp_title post_id=”1234″] [disp_content post_id=”1234″][/tgb]

2016年1月1日から2016年2月1日になるまで(1月31日の間まで)投稿ID:1234のタイトルがh2タグでその下に投稿ID:1234のコンテンツが表示されます。

利用方法

利用方法については制作者様の記事をご確認ください。
https://blog.gti.jp/post-6288/
https://blog.gti.jp/time-goes-by

インストール

time-goes-by-install

プラグイン情報

制作者

taman

動作環境

3.6〜

ダウンロードURL

Time goes by

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの画像をがっつり圧縮するには - Compress JPEG & PNG images –

compress-jpeg-png-images

画像を圧縮するプラグインはいくつか有りますが、こちらはかなりの圧縮が可能になるプラグインです。

ただし、圧縮レベルが高いため、画像が少し劣化シします。個人ブログのような多少画像が劣化しても問題がないサービスの場合でだけ使うようにしましょう。

Compress JPEG & PNG imagesについて

このプラグインは 「TinyPNG」というサービスを利用して画像を圧縮しています。
利用するにはAPIを取得する必要があります。

機能
Automatically optimize new images on upload.
Optimize individual images already in your media library.
Easy bulk optimization of your existing media library.
Resize large original images by setting a maximum width and/or height.
Preserve copyright metadata, creation date and GPS location in the original images.
Select which thumbnail sizes of an image may be optimized.
Multisite support with a single API key.
WooCommerce compatible.
WP Retina 2x compatible.
See your usage from the media settings and during bulk optimization.
Color profiles are automatically translated to the standard RGB color space.
Convert CMYK to RGB to save more space and maximize compatibility.
Optimize and resize uploads with the WordPress mobile app.
No file size limits.

プラグイン情報

制作者

TinyPNG

動作環境

3.0.6〜

ダウンロードURL

Compress JPEG & PNG images

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの投稿内に載せたい情報を好きなようにレイアウトしたいなら - MiniMax – Page Layout Builder –

minimax

投稿ページな家文章やウィジェットなどを自由にレイアウトしたい場合、標準のまま対応するのはすごく難しいですよね。

今回紹介する「MiniMax – Page Layout Builder」を利用するとページ内の構成をかなり自由に作ることができるようになります。

MiniMax – Page Layout Builderについて

Drag and Drop Page Builder / Layout Builder for WordPress. You don’t need to run for learning HTML or finding a coder/designer to change a page layout. We also developing all necessary modules like sliders, galleries, images, progress bar, timeline, testimonials, message box, warning box, notification box, loop for custom post type, post loop with various templates, sub-pages, heading, regular html and many more to build a page or a complete theme just from a blank canvas within few minutes.

minimax-sample


レスポンシブに対応

このプラグインではレスポンシブに対応することができます。

インストール

minimax-install

プラグイン情報

制作者

Shaon

動作環境

3.5〜

ダウンロードURL

MiniMax – Page Layout Builder

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの公開前の記事を共有するプラグイン - Public Post Preview –

public-post-preview

WordPressでずっと記事を作成していると、複数の記事を予めストックしてある方も多いとおもいます。

そんな予約状態になっている記事を他の人に見てもらいたいケースも出てくるとおもいます。

今日紹介する「Public Post Preview」プラグインを利用すると、公開前の記事をログインしていなくても確認できるプレビュー画面を作ることができます。

Public Post Previewについて

このプラグインを利用すると、プレビュー用のリンクを作成でいきるようになります。

有効期限を設定

このリンクは有効期限を設定することができます。

デフォルトでは48時間で設定されていますが、少しカスタマイズすることで有効期限を変更することができます。
時間は病で設定するので、注意してください。

プラグイン情報

制作者

Dominik schiling

動作環境

3.5〜

ダウンロードURL

Public Post Preview

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで簡単に短縮URLを生成する – Pretty Link Lite –

pretty-link

日本語が入っているURLやアマゾンなどの非常に長いURLを紹介する際そのままだと非常に書きづらいですよね。

今回紹介する「Pretty Link Lite」プラグインを利用するとWordPress上で短縮URLが生成できるようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-3-08-40

Pretty Link Liteについて

Pretty Link enables you to shorten links using your own domain name (as opposed to using tinyurl.com, bit.ly, or any other link shrinking service)! In addition to creating clean links, Pretty Link tracks each hit on your URL and provides a full, detailed report of where the hit came from, the browser, os and host. Pretty Link is a killer plugin for people who want to clean up their affiliate links, track clicks from emails, their links on Twitter to come from their own domain, or generally increase the reach of their website by spreading these links on forums or comments on other blogs.

インストール

pretty-link-lite-install

プラグイン情報

制作者

Blair Williams

動作環境

3.9〜

ダウンロードURL

Pretty Link Lite

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの固定ページにhtmlの拡張子を追加するプラグイン - .html on PAGES –

html-on-pages

既存のサイトをWordPressで運用することになった場合、SEOの効果もあるのでURLは引き継ぎたいですよね。

ただ、標準のままだとWordPressの固定ページでは[html]の拡張子が付きません。

そのため、URLを引き継ぎにはWordPressをカスタマイズする必要があります。

テーマをカスタマイズすることで対応することもできますが、其の場合テーマに依存してしまうので、今回は「.html on PAGES」プラグインをご紹介します。

.html on PAGESについて

このプラグインをインストールすると、固定ページのURLに[.html]が追加されます。

html-install

プラグイン情報

制作者

IntroSite

動作環境

2.5.1〜

ダウンロードURL

.html on PAGES

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


Retinaディスプレイで画像がぼやける問題をJavaScriptで解決 - Retina.js –

Retinaディスプレイで画像がぼやける問題をJavaScriptで解決

MacやiPhoneでウェブサイトを見ているときに、何か画像がぼやけている時がありませんか?

今回はそれを解決する方法をご紹介します。

Retinaディスプレイとは

Retinaディスプレイとは、Appleが開発したディスプレイの名称で、画面の解像度が非常に高いことが特徴です。

では、なぜRetinaディスプレイでは画像がぼやけてしまうのでしょうか。

それは、解像度が飛躍的に向上しているため、これまでのデバイスでは等倍で表示していたものをRetinaディスプレイでは2倍以上に引き伸ばして表示しているので、それが原因で画像がぼやけてみえてしまうのです。

解決策

画像がぼやけるのを解決するには、Retinaディスプレイ用にサイズの大きい画像を用意し、Retinaディスプレイでアクセスされた場合はそちらの画像を表示するようにします。

Retina.jsの利用

Retina.jsを利用することで、Retinaディスプレイでアクセスされた場合はRetinaディスプレイ用の画像を表示できるようになります。

画像自体はもとの画像の2倍のものと3倍のものを用意し、名前に「@2x」「@3x」という文字を付けておくことで判定されます。

ソースコード情報

制作者

Axial

ダウンロードURL

Retina.js

まとめ

最近はどんどん高画質なディスプレイが登場しているので、写真や画像を前面に出すサイトの場合は必ず考えないといけない問題になってきました。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


Macで簡単に大量のデータをコピーする方法

terminal

新しいハードディスクなどを購入して、データを外付けのハードディスクなどに移す際に、Mac標準のFinderを利用してデータをコピーすると途中でエラーが発生することが多々あります。

どうやらMac標準のFinderでは大量のデータを扱うのが苦手なようです。

ファイルを大量にコピーする場合、非常に時間がかかるので寝てる間に実行したりします。

朝起きてファイルのコピー状況を確認した際にエラーで止まっていると悲しくなりますよね。

どこまでコピーが終わっているかも目視で確認したりする必要もあり、時間も結局かなりかかってしまいます。

Windowsであれば「FastCopy」のようなツールが沢山有るのですが、Macではあまり見かけません。

あるにはあるのですが、数千円する有償アプリになってしまいます。

そこで、今回はMacの標準で利用できるターミナル(※通称黒い画面)を利用してコピーをする方法をご紹介します

※よくプログラマの人などがいじっているツールですが、Macの場合、標準だと画面は白いです。

ターミナルについて

ターミナルは、コマンドという命令文を記述することでMacの操作をおこなえるツールです。

基本的に文字だけで操作するので、始めて触る人には心理的なハードルがとても高いツールですが、単純な機能であればとても簡単に便利に利用できます。

まずはターミナルを起動

ターミナルは、「アプリケーションフォルダ」内の「ユーティリティフォルダ」にあるので、まずはターミナルを起動しましょう。

ファイルをコピーするコマンド

ファイルをコピーするコマンドには2つ有り「cp」と「rsync」があります。

ファイルを単純にコピーするなら「cp」

ファイルをコピーするだけであれば「cp」というコマンドを利用してコピーするのが簡単です。

このコマンドでは以下のオプションを設定することができますが、単純にコピーするだけであれば「-vr」のオプションだけ覚えておけば良いでしょう。

  • -f:コピー先に同名のファイルが存在していた場合、パーミッションに書き換え許可がなくても強制的に上書きする
  • -i:コピー先に同名のファイルが存在していた場合、確認のメッセージを表示する
  • -R:ディレクトリを再帰的にコピーする
  • -H:「-R」オプションを指定した場合に引数で指定したシンボリックリンクをたどる
  • -L:「-R」オプションを指定した場合にすべてのシンボリックリンクをたどる
  • -P:「-R」オプションを指定した場合にシンボリックリンクはたどらない
  • -p:ファイルのオーナー、所有グループ、パーミッション、タイムスタンプなどの属性を保持する
  • -n:既存ファイルを上書きしない
  • -v:コピーされたファイルを表示する

記述方法

コマンドは以下のように記述します。

「コピー元」にある「wordpress」フォルダを「コピー先」にコピーする場合

フォルダはfinderからドラッグしてくることで入力することができます。

動作サンプル

terminal-cp

ファイルを同期するなら「rsync」

「cp」コマンドと違い「rsync」コマンドを利用するとコピー元とコピー先の差分のみをコピーできるようになります。

そのため、バックアップで利用する場合は「rsync」を利用すると、重複ファイルなども特に気にせずにファイルをコピーすることができます。

この「rsync」コマンドでは、以下のオプションを易溶することができます。
大量のファイルを同期する場合は「-v」をつけて置くことで、ファイルのコピー状況を確認できるようにしておきましょう。
rsyncの場合はすこし面倒ですがオプションも活用できるようにしておいたほうが良いでしょう。

  • -a:アーカイブモード。-rlptgoD を指定した時と同じ動作になる。
  • -r:ディレクトリを再帰的にコピー
  • -l:シンボリックリンクはそのままシンボリックリンクでコピー
  • -p:パーミッションをそのままコピー
  • -t:タイムスタンプをそのままコピー
  • -g:グループをそのままコピー
  • -o:所有者をそのままコピー
  • -D:デバイスファイルやを特殊ファイルをそのままコピー
  • -v:処理状況を表示
  • -z:データを圧縮して転送
  • –ignore-existing: コピー先にあるファイルはコピー対象外にする
  • –ignore-non-existing:コピー先に存在しないファイルはコピー対象外にする
  • –existing:コピー先に存在しないファイルはコピー対象外にする
  • –delete:コピー元で削除されたファイルはコピー先でも削除。

記述方法

動作サンプル

terminal-rsync


まとめ

ターミナルでコマンド操作するのも、機能を限定して行えば比較的簡単に扱うことができます。


ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで画像をその場でポップアップさせるプラグイン – Easy FancyBox –

easy-fancybox

WordPressの記事に画像を挿入した場合、クリックすると別ウィンドウが立ち上がって画像が表示されます。しかし、別ウィンドウが立ち上がるのは記事を読んでいる人にとってはストレスになります。

そこで今回ご紹介するプラグイン「Easy FancyBox」を利用して、別ウィンドウを表示することなく、画像をポップアップさせるようにします。

Easy FancyBoxについて

WordPressの記事の画像をその場でポップアップすることができるようになります。

このプラグインでは画像の他に、SWFやSVG、PDFなども対応しているので、かなり幅広く利用できます。

Easy FancyBox plugin for WordPress websites gives you a flexible and aesthetic lightbox solution for just about all media links on your website. Easy FancyBox uses the packed FancyBox jQuery extension and is WP 3+ Multi-Site compatible. After activation you can find a new section FancyBox on your Settings > Media admin page where you can manage the plugins options.

After activation, all links to JPG, GIF and PNG images are automatically opened in the FancyBox Mac-style lightbox that floats over the web page. Most options available can be managed with this plugin along with some extra features.

Also supports:

 ・All common image types including webp and image maps
 ・WordPress Galleries
 ・NextGEN galleries (see FAQs for instructions)
 ・Youtube galleries via Youtube Simple Gallery plugin (see FAQs for instructions)
 ・SWF (Flash) movies
 ・SVG media images (thanks to Simon Maillard)
 ・Links to Youtube, Vimeo and Dailmotion
 ・Hidden inline content
 ・iFrames
 ・PDF files
 ・Auto-popup on page load
 ・links inside Gravity Forms in ajax mode

インストール

easy-fancybox-install

動作サンプル

easy-fancybox-popup

プラグイン情報

制作者

RavanH

動作環境

3.3〜

ダウンロードURL

Easy FancyBox

まとめ

画像をポップアップするにはこのプラグイン以外にも方法はありますが、動きの軽快さなどを考えると、このプラグインが使いやすいですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで手軽にアンケートを取りたいなら - WP-Polls –

wp-polls

ブログを書いていたりすると、読者の方にアンケートを取りたいケースもでできます。

WP-Pollsについて

このプラグインを有効にすることで、簡単なアンケートを実施することができます。

WP-Polls is extremely customizable via templates and css styles and there are tons of options for you to choose to ensure that WP-Polls runs the way you wanted. It now supports multiple selection of answers.

本格的なアンケートを実施したいときはSurveyMonkeyなどのASPを利用したほうがよいでしょう。

こちらではあくまでも簡易的なアンケートです。

インストール

wp-polls-install

利用方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-21-48-46
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-21-48-53wp-poll-%e6%8a%95%e7%a8%bf
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-21-53-31

プラグイン情報

制作者

Lester Chan

動作環境

4.0〜

ダウンロードURL

WP-Polls

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。