たった10分!?WordPressのテスト環境をクラウド上にさっと作る方法

wordpress

WordPressでサイトを運営している、もしくはこれから運営しようとしている場合、本番環境で実施する前にいろいろなことを試す場がほしいことがありますよね。

その場合、製作会社の方に依頼していれば同じ環境でテスト環境用のWordPressを用意してくれていると思いますので、そこでいろいろなことを実験したり、表示の確認などをすることができますが、ご自身で運用されていたり、業者の方がコストの関係でテスト環境を作っていなかった場合などに、簡単にテスト環境を作る方法をご紹介します。
※ただし、製作会社が用意するような同一環境で作られているものとは違いますので、動作確認というよりは、表示確認の意味合いが強いので、その点ご了承ください。

Cloud9を利用して簡単環境構築

Cloud9とは、クラウド上でアプリケーションやデータベースデータベースなどを利用することができるサービスで、開発環境としてのエディタも用意されており、Githubなどとも連携することも可能です。

Cloud9ではいくつも環境を作成することができますが、無料で作れるのは1つだけですのでご注意ください。

なぜクラウドに用意するか

単純なテスト環境であれば、お手持ちのパソコンの中に環境を作ることも可能ですが、今回はあえてクラウド嬢にWordPressの環境を構築します。

クラウド上に環境を構築するメリットとしては

  1. 複数人で環境を利用することができる
  2. MacでもWindowsでも同じ方法が使える

というところです。

複数人で環境を利用することができるメリット

これは、複数人同時に同じ環境に対してアクセスすることができるため、確認を取る場合に非常に大きなメリットになります。

確認の作業は非常にデリケートで、環境が違うと表示のされ方が違ったり、同じWordPressでもPHPやMySQLのバージョンが違うことによるちょっとした差異が出てきます。

そのため、各々のパソコンにそれぞれがテスト環境を持っていると、この人の端末では再現するけど、こちらでは確認できないといったことが起こります。

その点、クラウド上に環境があれば、全員が同じ環境を確認でいるので、そういった齟齬を減らすことができるようになります。

また、制作会社にお願いしている場合、その環境を製作会社の方にも見てもらえるので、イメージをきちんと伝えやすくなります。

Cloud9では製作用のエディタなども統合開発環境も用意されているため、確認などがスムーズです。

MacでもWindowsでも同じ方法が使える

各自のパソコンにWordPressの環境を構築する場合、MacとWindowsでは構築方法が異なるため、社内で複数のOSを利用している場合に導入が大変になります。

また、OSが同じであっても、ちょっとしたバージョンの違いや、導入しているソフトなどに影響をうけて、同じやり方でもうまくいかないケースなどが有ります。

クラウド上に環境を用意する場合、作業はブラウザでおこなうため、端末に依存することがほとんどありません。

Cloud9に登録してみましょう

Cloud9のサイトにアクセスすると、メールアドレスを入力するフォームが有りますので、メールアドレスを入力して[Sign UP]ボタンをクリックします。

もしGithubやBitbucketのアカウントをお持ちの方は、右上のアイコンをクリックして、それぞれのアカウントにログインすることで利用が可能になります。
スクリーンショット_2016-06-22_20_42_17

メールアドレスから登録した場合、ユーザーの作成画面に遷移しますので、まずはアカウント名を入力します。[Next >]をクリックすることで次の項目のページに遷移していきます。
スクリーンショット 2016-06-22 20.42.43
次に、ユーザーネームを登録します、ココで登録した名前がURLに反映されますので、英数字のみで登録します。
スクリーンショット 2016-06-22 20.42.57
次に利用目的を登録しますが、画像の通り、ProfessionalとWorkを選択しておけば良いでしょう。
スクリーンショット 2016-06-22 20.43.46
最後にこれまでの登録内容が表示されますので、問題がないか確認しましょう。
スクリーンショット_2016-06-22_20_43_56
最後に、ロボットによる登録でないかのチェックが有りますので、こちらにチェックをいれ、[Create Account!]をクリックするとアカウントが作成できます。
スクリーンショット 2016-06-22 20.44.34
登録項目も少ないため、内容を一度確認してから登録をすればすぐにアカウントが作成できるでしょう。
アカウント登録後にメールが届きますので、そのメールに記載されているアドレスのページにアクセスして、パスワードの設定をしておきましょう。

ワークスペースを作ります

アカウントが登録できたら、次はワークスペースを作成します。
ワークスペースというのは、いわゆるアプリケーションを動かすための場所のことです。

Cloud9では、標準でWordPressのワークスペースが用意されているので、非常に簡単に作成することができます。

まず、アカウント登録後に、以下の様なダッシュボードのページが表示されていると思いますので、そのWorkplacesの文字の下にある「+」をクリックします。
スクリーンショット_2016-06-22_21_05_51
すると、ワークスペースの設定画面に入りますので、Workspace nameを記入し、[Private]もしくは[Public]を選択します。
[Private]を選択すれば他の人には公開されない環境を構築することができます。
もし公開されてはまずい場合は[Private]を選択しておきましょう。

そして、一番下のChoose a templateで[WordPress]を選択して、[Ceate Workspace]をクリックします。
スクリーンショット_2016-06-22_21_17_07
そうすると、Cloud9側でWordPressの動作する環境を構築してくれます。
スクリーンショット 2016-06-22 21.25.50
構築が完了すると、以下のうような画面が表示されます。ここで、WordPressで利用するデータベースを作成するために、「mysql-ctl start」というコマンドを画面下の部分に打ち込み、エンターキーを押して実行します。
スクリーンショット_2016-06-22_21_28_15

* Starting MySQL database server mysqld
…done.

というメッセージが出れば完了ですので、画面上の「Run Project」をクリックしてWordPressを起動します。
スクリーンショット_2016-06-22_21_35_38
起動すると、画面下のコンソールにURLが表示されますので、クリックするとWordPressにアクセスすることができます。
スクリーンショット_2016-06-22_21_38_27

WprdPressのインストール

ワークスペースの作成の時に作られたWordPressのURLにアクセスすると、まず、WordPressの言語を選択する画面が表示されますので、ここで「日本語」をせんたくして「続ける」をクリックします。(ボタンは日本語を選択すると続けるに変わります)
スクリーンショット 2016-06-22 21.42.15
続いて、WordPressのタイトル・ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力して、「WordPressをインストール」をクリックするとインストールの完了です。
テスト環境の場合、検索エンジンでの表示部分にチェックを入れて、検索エンジンに登録されないようにしておきましょう。(もしここで忘れていたとしても、WordPressの設定で変更することができます。)
スクリーンショット 2016-06-22 21.42.32
以上でCloud9でWordPressの環境を構築することができました。
Cloud9の左のツリーではWordPressで利用されているコードをいじることが可能ですので、Cloud9上でカスタマイズなども対応することが可能です。


いかがでしたでしょうか、Cloud9を利用することで、非常に短時間でWordPressの環境を構築することができました。
一度作成してなれてしまえば、次に再度作成する場合には10分もかからずに構築することができると思います。

簡単に構築までの流れをまとめると

  • Cloud9のアカウント登録
  • ワークスペースの作成
  • WordPressのインストール

となります。

もしWordPressにご興味があるかたは、一度ためしてみると良いかと思います。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。