検索結果は誰のためのもの?これからのSEO対策について考えるべきこと

seo

seo

SEO対策といえばGoogleの検索エンジンに対してスコアを上げて検索上位を狙うものだと思っていませんか?

確かにこれまではその考えでもあながち間違いとは言えない状態ではあったが、ここ最近のGoogleの検索エンジンの評価アルゴリズムのアップデートにより、外部要因による検索エンジンへのスコアアップという手法は使えなくなってきました。

まず、簡単にSEOについて御紹介します。

SEOとは、検索エンジン最適化といい、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された際に上位に表示することです。

このための施策をSEO対策といいます。

SEO対策は [ 内部対策 ] と [ 外部対策 ] というのがあります。

SEOの内部対策

内部対策は、HTMLを正しい構造で記述したり、検索エンジン用の説明やキーワードを適切に配置することで、検索エンジンが情報を把握しやすくします。

また、提供するコンテンツは閲覧者にとってその情報がどれくらい有用かどうかを判定されますので、コンテンツ自体の質を上げていくこともSEOの内部対策と言えます。

SEOの外部対策

外部対策は、外部のサイトから自社のウェブサイトにリンクを貼ってもらい、Googleでの評価を上げるというものです。

これまでのSEO対策というと、この外部対策をSEO業者に依頼するというのが一般的でしたが、最近ではGoogleの方でもSEO業者対策が優秀になってきたため、費用の割に効果が薄くなってきました。

そのため、今は内部対策を行った上で、質の高いコンテンツ(検索した人にとって有益)をたくさん作るというが主流になってきています。

では、なぜGoogleは外部要因をスコアに反映しなくなってきたか。

それは、そもそも検索エンジンの検索結果は検索したユーザーのためにあるもので、Googleはそのユーザーが有益と思えるコンテンツを上位に表示することで、ユーザーに検索エンジンを使ってもらい続けることができるからです。

では、これからのSEO対策はどのようにしていくべきでしょう?

それは、「検索結果を必要とする人にとって有益な情報を提供する」の一言に尽きるでしょう。

最低限できていないといけないこと

ここで書いていることをすると品質スコアが上がって検索順位が上がるというのものではなく、最低限やっておかないとまずく、品質スコアを下げられる可能性があることですので、もしここに書かれていることがあなたのサイトでできていない場合は、早急に対応してください。

まずはきちんと文章構造を整えよう

検索エンジンは独自のアルゴリズムを利用して各検索結果に対してスコアをつけています。
つまり、ロボットにもきちんと内容が伝わるようにする必要があります。

ロボットはHTMLやCSS・Javascriptを解析してページのスコア付けを行うため、HTMLなどの文章構造をきちんと内容に合わせたものにします。

メタ情報をきちんと登録する

メタ情報とはサイトの情報を明示的に示す情報で、タイトル・キーワード・ディスクリプション(説明文)がある。

検索エンジンはこの部分を見てこのページが何について書かれているか、というのを判断する材料とします。

ですので、ここに狙っているキーワードを1回だけ入れるようにします。

欲張って複数いれてしまうと、スパムと判定されてしまう可能性があるので、あくまでもユーザーに向けてわかりやすくするために入れる程度にしましょう。

更新頻度を上げる

きちんと更新されているサイトはきちんと新しい情報が発信されているということで、継続的に更新されているサイトの方が品質が高いと判断されます。

また、更新していることをきちんとGoogle側に伝えるために、[Gogole Search Console]というGoogleが提供しているウェブマスター向けのツールがありますので、そちらとサイトを連携させておく必要があります。

やってはいけないこと

・重複コンテンツの作成
・他サイトからのコピペ・流用

Googleは独自のコンテンツの品質を上げるようになっているため、他サイトでも利用されている内容はスコアを下げる傾向があります。

FacebookやTwitterなどのSNSに同じ内容を投稿していたりすると、意図せず重複したコンテンツとして判定されたり、他サイトからのコピペ判定をされてしまう可能性があるので、SNS連携させる場合は注意して運用してください。

これからSEO対策について考えるべきこと

これからはコンテンツの質を向上させ、ユーザー目線でのコンテンツの作成を心がけていくことが大事になってくるでしょう。

今提供しているコンテンツが本当にユーザーにとって有益かどうかを常にチェックしていくことで、検索エンジンの仕様の変更で一喜一憂することは無くなります。

それに、検索結果がもし下がったとしても、ユーザーがそれでも見たいと探してくれるサイトを目指すべきです。

SEO対策は集客の一部として考え、リスティング広告などその他の集客方法と併用して利用するものだと考えておく方が良いでしょう。

Googleは検索結果の品質評価のガイドラインを公開しているので、そちらも合わせて確認してみてください。
[URL]http://static.googleusercontent.com/media/www.google.com/en//insidesearch/howsearchworks/assets/searchqualityevaluatorguidelines.pdf
(※コンテンツは英語です。また、このガイドラインはGoogleの品質評価に対する考え方を示しているもので、ガイドラインを把握しても自社のコンテンツのランキングを上げる方法がわかるものではありません。)

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。