Post

WordPressで簡単に短縮URLを生成する – Pretty Link Lite –

pretty-link

日本語が入っているURLやアマゾンなどの非常に長いURLを紹介する際そのままだと非常に書きづらいですよね。

今回紹介する「Pretty Link Lite」プラグインを利用するとWordPress上で短縮URLが生成できるようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-3-08-40

Pretty Link Liteについて

Pretty Link enables you to shorten links using your own domain name (as opposed to using tinyurl.com, bit.ly, or any other link shrinking service)! In addition to creating clean links, Pretty Link tracks each hit on your URL and provides a full, detailed report of where the hit came from, the browser, os and host. Pretty Link is a killer plugin for people who want to clean up their affiliate links, track clicks from emails, their links on Twitter to come from their own domain, or generally increase the reach of their website by spreading these links on forums or comments on other blogs.

インストール

pretty-link-lite-install

プラグイン情報

制作者

Blair Williams

動作環境

3.9〜

ダウンロードURL

Pretty Link Lite

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


キーワードを自動リンクさせるWordPressプラグイン – Automatic SEO Links –

Automatic SEO Links

SEO対策で、記事中のキーワードにリンクを貼るというのが有ったりしますが、同じキーワードに同じURLを設定し続けるのはかなり大変です。

今回紹介するプラグイン「Automatic SEO Links」を利用すると、キーワードに対して自動で特定のURLを自動で設定してくれ、手作業をかなり減らすことができます。

こちらのプラグインは開発が止まっているため、バージョンによっては動作しませんので、その点ご了承ください。

Automatic SEO Linksについて

特定の単語に自動でリンクを設置できるプラグインです。

プラグイン情報

制作者

Emilio

動作環境

1.5〜

ダウンロードURL

Automatic SEO Links


こういった毎回発生する手作業があるものは、どんどんプラグインなどを利用して効率化していきましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの投稿をカレンダー形式で管理したいならこのプラグイン – Editorial Calendar –

Editorial Calendar

WordPressは複数人で記事を投稿したり、予約投稿をしたりすることができるため、数が多くなってくると投稿すべき日程を調整していくのが通常の管理画面では難しくなってきます。

そこで、今回ご紹介するプラグイン「Editorial Calendar」を利用することで、投稿一覧をカレンダー形式で表示し、記事の投稿状況を管理しやすくしましょう。

Editorial Calendarについて

投稿の一覧をカレンダー形式で表示できます

The WordPress Editorial Calendar Screen Cast from Zack Grossbart on Vimeo.

スクリーンショット 2016-07-29 22.37.47

プラグイン情報

制作者

cvernon
justinstresslimit
Joey Kudish
MaryVogt
Zack Grossbart

動作環境

3.0〜

ダウンロードURL

Editorial Calendar


何気ない機能ですが、管理画面のリスト表示などではケアできないかゆいところに手が届くプラグインです。
複数人で日程を調整しつつ記事を公開していくケースなどではものすごく有用なプラグインです。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPress標準の管理画面UIが気に入らないならこのプラグイン – WP Admin UI Customize –

WP Admin UI Customize

前回に引き続き管理画面系のプラグインのご紹介です。

管理画面の調整というのは[function.php]にコードを書いて制御していくのですが、やはりその作業をオーナー様自身で行っていくのはとても難しいので、自分でやるのであればプラグインを利用するようにしましょう。

今回ご紹介するプラグイン「WP Admin UI Customize」は管理画面のUIを調整することが可能なプラグインです。

WP Admin UI Customizeについて

WordPress管理画面のダッシュボード、サイドメニュー、管理バー、ログイン画面、記事編集画面などの表示内容を簡単にカスタマイズすることができます。

ユーザー権限グループの設定

このプラグインで変更した内容を適用するユーザー権限を指定しておくことが可能です。

スクリーンショット 2016-07-29 22.04.12

メニューの並び替えや追加

サイドメニューなどの並び替えをすることができます。

スクリーンショット 2016-07-29 22.08.44

プラグイン情報

制作者

gqevu6bsiz

動作環境

4.2〜

ダウンロードURL

WP Admin UI Customize


前回紹介した「WP Total Hacks」のプラグインと似たような機能ですので、状況に合わせて利用するプラグインを選定しましょう。

似たような機能があるプラグインを同時に入れるとエラーの元になるので、こういったプラグインを利用する場合は1つだけにしておきましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで簡単Amazonアソシエイトを行えるプラグイン – Amazon JS –

amazonjs

ブログをやっていると、アフィリエイトを載せたくなってくることも多いと思います。

普通にAmazonのアフィリエイトのリンクを貼る場合、Amazonアソシエイトの管理画面で取得してくる必要があり、手間がかかってしまいます。

そんな問題を解決するのが、今回紹介する「Amazon JS」です。

Amazon JSについて

Amazon JSを使うことで下のようなアフィリエイトリンクを簡単に設置することができます。

設置には少し作業が必要になります

プラグインを有効化した際にサーバー上の「wp-content/cache/amazonjs」フォルダを作成し、権限を「777」にする必要があります。

ショートコードで設置可能

アフィリエイトリンクをショートコードで設置することができます。

上に例として貼ったものであれば

という形で設置しています。

キーワード検索から設置

Wysiwygに[a]マークが追加されているので、それをクリックすると、アフィリエイトリンクを挿入するための画面が開くので、そこでキーワード検索すると、アフィリエイトリンクが設置できる商品が表示されるので、そこから選択することで、設置することができます。
スクリーンショット 2016-07-08 21.42.41

プラグイン情報

制作者

makoto_kw

動作環境

3.3〜

ダウンロードURL

Amazon JS


Amazonは非常に商品数も多いので、単純に商品を紹介したい場合にもものすごく便利ですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


このブログの記事をもっと読みたいなと思わせるWordPressプラグイン – WordPress Related Posts –

WordPress Related Posts

今のブログは基本的に検索でヒットして、その記事を発見することがほとんどです。そのため、発見してくれた人をうまく他の記事を見てもらうというのが課題になってきます。

そのため、関連する記事を射魔訓んでもらっている記事の下に配置することで、そのまま次の記事にユーザーを誘導するという方法が効果的になってきます。そうすることで、読んでもらう記事数を増やし、ファンを増やすきっかけにもなります。

それをWordPressで解決するのが今回紹介する「WordPress Related Posts」です。

英語ですが動画も用意されていますので、こちらの動画を見ることでおおまかな内容がわかるかと思います。

Link Love (2) – Why is linking out good for you (by Zemanta) from zemanta on Vimeo.

WordPress Related Postsについて

このプラグインを利用することで、記事の下にその記事に関連した記事の候補を表示することができます。

表示件数などを指定できます。

何件表示するかを設定で変更することができます。

スクリーンショット 2016-07-02 2.15.49

デザインを選択することができます。

レイアウトやデザインなどを予め指定されたものから選ぶことができます。

スクリーンショット 2016-07-02 2.16.04

プラグイン情報

制作者

Zemanta

動作環境

3.6〜

ダウンロードURL

WordPress Related Posts


記事を読んでいる方は見つけた記事に近い記事にも興味を持っていることがおおいため、効率的にファンを増やすことができそうですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで閲覧者のためのサイトマップを作成するならこのプラグイン – PS Auto Sitemap –

PS Auto Sitemap

ブログやサイトを続けていると、ページ数が増えてきます。そのため、初めてサイトに訪れてきた人はどういったページがどこにあるのかがわからない状態になってきます。

どんなに素晴らしい内容の記事を投稿していたとしても、見てもらえなければ意味がありません。

そこで、サイトマップというどこにどんなページが有るかを一覧で確認できるようにしたページが必要になってきます。

しかし、このサイトマップを手動で作成するには、非常に手間がかかりますし、タイトルの変更やページの追加が頻繁にあると、ミスも出やすくなってしまいます。

そんな状態を解決するのが、今回紹介するプラグイン「PS Auto Sitemap」です。

PS Auto Sitemapについて

このプラグインを利用することで、サイトマップのページを作ることができます。

カテゴリーと記事の表示/非表示を指定可能

カテゴリーと記事をIDで指定して表示非表示を設定することができます。
これによって、サイトマップ自体の記事を含まないようにしたりすることが可能になります。

____スクリーンショット_2016-06-30_2_38_57

階層の深さを指定可能

リスト表示する際に、何階層までの記事を表示するかを設定できます。

スクリーンショット_2016-06-30_2_38_57

デザインの変更

このプラグインでは、予め複数のデザインが用意されています。

スクリーンショット_2016-06-30_2_42_00

プラグイン情報

制作者

jim912

動作環境

2.3.1〜

ダウンロードURL

PS Auto Sitemap


このプラグインを利用すると、任意の固定ページにと入力することで、サイトマップを出力します。

このコードを入れておくだけで、タイトルの変更・リンクの変更・ページの追加などに対応できるので、導入しておいて損はないでしょう。

また、このようなサイトマップを導入しておくことで、SEOの効果も有ります。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。