posts

WordPressで簡単に短縮URLを生成する – Pretty Link Lite –

pretty-link

日本語が入っているURLやアマゾンなどの非常に長いURLを紹介する際そのままだと非常に書きづらいですよね。

今回紹介する「Pretty Link Lite」プラグインを利用するとWordPress上で短縮URLが生成できるようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-3-08-40

Pretty Link Liteについて

Pretty Link enables you to shorten links using your own domain name (as opposed to using tinyurl.com, bit.ly, or any other link shrinking service)! In addition to creating clean links, Pretty Link tracks each hit on your URL and provides a full, detailed report of where the hit came from, the browser, os and host. Pretty Link is a killer plugin for people who want to clean up their affiliate links, track clicks from emails, their links on Twitter to come from their own domain, or generally increase the reach of their website by spreading these links on forums or comments on other blogs.

インストール

pretty-link-lite-install

プラグイン情報

制作者

Blair Williams

動作環境

3.9〜

ダウンロードURL

Pretty Link Lite

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの最新記事一覧にサムネイル画像をつけて見栄えを良くする – Newpost Catch –

Newpost Catch

記事の一覧などでは、ちょっとしたサムネイルがあったほうが、記事のイメージをつかみやすかったり、注目されやすいですよね。

でも、WordPressで用意されている標準の最新記事一覧には、サムネイル画像がついていないため、サムネイルを表示するにはテーマをカスタマイズする必要がありますが、テーマをいじるのはちょっと無追加しいという方も多いと思います。

今回紹介するプラグイン「Newpost Catch」を利用することで、簡単に最新記事一覧にサムネイルを追加することができます。

Newpost Catchについて

このプラグインをインストールすることで、ウィジェットに「Newpost Catch」が追加され、このウィジェットを利用することでサムネイル付きの最新の記事一覧を利用できるようになります。

スクリーンショット 2016-08-08 20.06.41

もともと下図のような記事一覧が

スクリーンショット 2016-08-08 20.01.06

下図のようになります。

スクリーンショット 2016-08-08 20.05.33

プラグイン情報

制作者

Tetsuya Imamura

動作環境

3.3.1〜

ダウンロードURL

Newpost Catch


サムネイルの追加はちょっとした機能ですが、ブログの内容によってはとても効果的なものになるので、こういったプラグインを利用して簡単に実装してしまいましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressで期間限定コンテンツを公開したいなら – Post Expirator –

Post Expirator

イベントなどの期間限定コンテンツを作るとき、コンテンツの公開については記事の予約投稿で対応できますが、標準では公開終了を設定することができません。

そのため、期間が終わった後は自分で非公開にする必要が有ります。

でも、公開予定が終わるときはバタバタしていたり、ちょうどそのタイミングでは身動きが取れなかったりすることも有ります。

今回紹介するプラグイン「Post Expirator」を利用することで、解決することができるかもしれません。

Post Expiratorについて

コンテンツの公開期限を設定することができるプラグインです。

各コンテンツで公開期限を設定することで、期限後にコンテンツを非公開にすることができます。

非公開の方法は、下書き状態・削除等選択が可能です。

スクリーンショット 2016-08-03 22.59.18

コンテンツの公開終了時にカテゴリを変更したり、記事を削除することができます。

スクリーンショット 2016-08-03 23.17.47

記事のフッターに文章を追加することができ、限定コンテンツということをアピールできます。

スクリーンショット 2016-08-03 23.18.24

プラグイン情報

制作者

Aaron Axelsen

動作環境

4.0〜

ダウンロードURL

Post Expirator


このプラグインを利用することで簡単に公開期限を設定することができます。

もっとアピールするのであれば、公開終了までのカウントダウンなどを追加するとよりアピール可能だと思います。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressでカスタムフィールドなどの入力漏れを防ぐなら - Admin Columns –

Admin Columns

テーマをカスタマイズしたりして、カスタムフィールドを利用していたりすると、必須項目以外の項目の入力漏れなどが起きたりします。

複数の記事のチェックをするには標準のままだとそれぞれの記事の編集ページに行かないと確認することができません。

今回ご紹介プラグイン「Admin Columns」を利用することで、一覧ページに表示される項目をカスタマイズすることが可能になります。

記事一覧ページにカスタムフィールドの項目を表示することができれば、いちいち記事の編集画面に移動しなくてもカスタムフィールドの項目を確認することができるようになります。

Admin Columnsについて

WordPress管理画面の投稿・固定ページ・メディアライブラリなどの一覧ページの項目をカスタマイズできます。

Admin Columns for WordPress from Admin Columns on Vimeo.

表示項目の増減、表示順番の入れ替え

スクリーンショット 2016-08-01 23.29.23

カスタマイズできるページ

  • 投稿一覧
  • 固定ページ一覧
  • メディアライブラリ
  • ユーザー一覧
  • コメント一覧

サムネイルの表示も可能

スクリーンショット 2016-08-01 23.48.15

プラグイン情報

制作者

Codepress
Tobias Schutter
David Mosterd
Jesper van Engelen
dungengronovius

動作環境

3.5〜

ダウンロードURL

Admin Columns


記事管理は運営していく上でとても重要ですので、様々なプラグインを検討しておくとよいでしょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressでページを管理画面上でツリー表示するなら Part2 – CMS Tree Page View –

CMS Tree Page View

前回の記事「ページを管理画面上でツリー表示するなら – Admin Menu Tree Page View –」でご紹介したプラグインと同じ作者の方が作成しているほぼ同等の機能のプラグインをご紹介します。

CMS Tree Page Viewについて

今回ご紹介するプラグインは「CMS Tree Page View」は「Admin Menu Tree Page View」と機能自体は同じです。

違う点はただ一つ、「Admin Menu Tree Page View」ではページのリストがメニューに表示されていたのに対し、「CMS Tree Page View」では専用のページが用意されています。

スクリーンショット 2016-08-01 18.24.25

プラグイン情報

制作者

Pär Thernström
MarsApril

動作環境

3.8〜

ダウンロードURL

CMS Tree Page View

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの投稿をカレンダー形式で管理したいならこのプラグイン – Editorial Calendar –

Editorial Calendar

WordPressは複数人で記事を投稿したり、予約投稿をしたりすることができるため、数が多くなってくると投稿すべき日程を調整していくのが通常の管理画面では難しくなってきます。

そこで、今回ご紹介するプラグイン「Editorial Calendar」を利用することで、投稿一覧をカレンダー形式で表示し、記事の投稿状況を管理しやすくしましょう。

Editorial Calendarについて

投稿の一覧をカレンダー形式で表示できます

The WordPress Editorial Calendar Screen Cast from Zack Grossbart on Vimeo.

スクリーンショット 2016-07-29 22.37.47

プラグイン情報

制作者

cvernon
justinstresslimit
Joey Kudish
MaryVogt
Zack Grossbart

動作環境

3.0〜

ダウンロードURL

Editorial Calendar


何気ない機能ですが、管理画面のリスト表示などではケアできないかゆいところに手が届くプラグインです。
複数人で日程を調整しつつ記事を公開していくケースなどではものすごく有用なプラグインです。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPress標準の管理画面UIが気に入らないならこのプラグイン – WP Admin UI Customize –

WP Admin UI Customize

前回に引き続き管理画面系のプラグインのご紹介です。

管理画面の調整というのは[function.php]にコードを書いて制御していくのですが、やはりその作業をオーナー様自身で行っていくのはとても難しいので、自分でやるのであればプラグインを利用するようにしましょう。

今回ご紹介するプラグイン「WP Admin UI Customize」は管理画面のUIを調整することが可能なプラグインです。

WP Admin UI Customizeについて

WordPress管理画面のダッシュボード、サイドメニュー、管理バー、ログイン画面、記事編集画面などの表示内容を簡単にカスタマイズすることができます。

ユーザー権限グループの設定

このプラグインで変更した内容を適用するユーザー権限を指定しておくことが可能です。

スクリーンショット 2016-07-29 22.04.12

メニューの並び替えや追加

サイドメニューなどの並び替えをすることができます。

スクリーンショット 2016-07-29 22.08.44

プラグイン情報

制作者

gqevu6bsiz

動作環境

4.2〜

ダウンロードURL

WP Admin UI Customize


前回紹介した「WP Total Hacks」のプラグインと似たような機能ですので、状況に合わせて利用するプラグインを選定しましょう。

似たような機能があるプラグインを同時に入れるとエラーの元になるので、こういったプラグインを利用する場合は1つだけにしておきましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


このブログの記事をもっと読みたいなと思わせるWordPressプラグイン – WordPress Related Posts –

WordPress Related Posts

今のブログは基本的に検索でヒットして、その記事を発見することがほとんどです。そのため、発見してくれた人をうまく他の記事を見てもらうというのが課題になってきます。

そのため、関連する記事を射魔訓んでもらっている記事の下に配置することで、そのまま次の記事にユーザーを誘導するという方法が効果的になってきます。そうすることで、読んでもらう記事数を増やし、ファンを増やすきっかけにもなります。

それをWordPressで解決するのが今回紹介する「WordPress Related Posts」です。

英語ですが動画も用意されていますので、こちらの動画を見ることでおおまかな内容がわかるかと思います。

Link Love (2) – Why is linking out good for you (by Zemanta) from zemanta on Vimeo.

WordPress Related Postsについて

このプラグインを利用することで、記事の下にその記事に関連した記事の候補を表示することができます。

表示件数などを指定できます。

何件表示するかを設定で変更することができます。

スクリーンショット 2016-07-02 2.15.49

デザインを選択することができます。

レイアウトやデザインなどを予め指定されたものから選ぶことができます。

スクリーンショット 2016-07-02 2.16.04

プラグイン情報

制作者

Zemanta

動作環境

3.6〜

ダウンロードURL

WordPress Related Posts


記事を読んでいる方は見つけた記事に近い記事にも興味を持っていることがおおいため、効率的にファンを増やすことができそうですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressの記事ランキングを自動で表示するならこのプラグイン – WordPress Popular Posts –

WordPress Popular Posts

ブログやアフィリエイトをやっている人なら人気のある記事をいろんな人に見てもらいたいという欲求があるとおもいます。

そのほうが効果的に自分のファンを増やしたりしやすくなりますし、閲覧者にとっても人気記事を読めるので人気ランキングがあると非常に有利です。

ただ、これは自分で集計して人気ランキングを手動で作っていくのは非常に難しいので、今回紹介するプラグイン「WordPress Popular Posts」を利用することで、自動で集計して表示することができるようになります。

WordPress Popular Postsについて

複数のウィジェットに対応

複数の人気ランキングをウィジェットで表示できます。ただし、あまり多く設置すると動作が重くなりますので注意してください。

スクリーンショット 2016-06-30 4.01.08

集計期間を指定可能

集計の範囲を24時間以内・7日以内・30日以内・全期間で指定できます。

スクリーンショット 2016-06-30 3.55.03

サムネイルを表示可能

サムネイルでどの画像を利用するかを指定でき、該当の画像がない場合はデフォルトのサムネイル画像を指定しておくことで、その画像を表示できます。

スクリーンショット 2016-06-30 3.55.21

表示にパラメータを指定可能

どういった表示内容にするかをパラメーターを指定することで制御することが可能です。

スクリーンショット 2016-06-30 3.59.22

プラグイン情報

制作者

Hector Cabrera

動作環境

3.8〜

ダウンロードURL

WordPress Popular Posts


このプラグインを利用することで、様々な人気ランキングを表示することができるようになるので、記事数が増えてきたり、閲覧数が増えてきた時には是非利用してみてください。
ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。


WordPressでのリンク切れを自動でチェックしてダッシュボードでお知らせしてくれるプラグイン - Broken Link Checker –

スクリーンショット 2016-06-19 22.57.36

ブログを運営していると、いつの間にか以前記事にしていたサイトが閉鎖していたり、URLが変わっていたりしてリンク切れを起こしているケースが有ります。

ただ、普通に運営しているとこのリンク切れというのは気づきにくいため、もしかしたらそのせいでせっかく記事を見てくれた方が目的を達せないままになっているかもしれません。

そんな状況を解決するのが、今回紹介する「Broken Link Checker」です。
スクリーンショット 2016-06-19 23.00.28

Broken Link Checkerについて

このプラグインは、WordPress内のリンクをチェックし、ダッシュボードやメールでお知らせしてくれるプラグインです。
スクリーンショット 2016-06-19 22.57.36

チェックされる範囲

リンクチェックの範囲は、記事だけでなく、固定ページやカスタムフィールドでも行われます(オプション)

リンク切れの修正

リンク切れはいちいち記事などの編集画面で行うのではなく、プラグインのリンク切れ一覧から変更することができます。
設定後は再度確認したりすることもできるので安心です。
スクリーンショット 2016-06-19 23.05.24


プラグイン情報

制作者

Vladimir Prelovac

動作環境

4.4.3〜

ダウンロードURL

Broken Link Checker


リンク切れが起こっていることは、運営者にとってはなかなか気づけませんので、こういったプラグインがあると便利ですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。