いくつ把握できてますか?WordPressで始めるメリット・デメリット

wordpress-merit-demerit

前回の記事でもご紹介したように、WordPressは非常に自由度の高いブログの仕組みのため、数多く利用されています。

でも、気軽に利用できるWordPressにもデメリットは有ります。

今回はそんなWordPressのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

WordPressの導入メリット

01.ブログやページの記事を簡単に更新・追加・削除できる

これはCMSを利用するメリットといえます。

WordPressではブログの記事と固定ページをどちらも管理することができます。

しかも、HTMLなどの知識がなくてもWYSIWYGを利用することでワード感覚でコンテンツを作成することができます。

スクリーンショット 2016-07-11 22.40.08

02.高品質なテンプレートが大量に揃う

ブログやホームページを作成する上で重要になるのがデザインですが、これを個人で作成するのは非常に大変ですし、機能も絡んでくるため不具合が発生する可能性もあったりしてなかなか大変です。

しかし、WordPressは公式テーマが非常にたくさんあり、多言語に対応しているものもかなりの数あります。

ブランディングなどにこだわらず、個人で利用する場合や社長ブログのような簡易的なものであれば、十分すぎる程の高品質なデザインがそろっています。

スクリーンショット 2016-07-11 22.41.27

WordPress.org 公式テンプレート

03.プラグインで簡単に機能を拡張

ブログやホームページに必要な機能って、それぞれ違いますよね。

そんな場合普通は個人で開発したり拡張したりする必要があるのですが、WordPressではプラグインという機能追加できる仕組みが用意されており、プラグインを導入することで機能を簡単に追加していくことができます。

WordPressは世界中に開発者がいて、実績数も世界一のため、ちょっとした機能であればほぼ実現できるようになっています。

公式でプラグインが公開されているので、必要な機能を探して簡単に導入することができます。

スクリーンショット 2016-07-11 22.41.07

WordPress.org 公式プラグイン

SEOフレンドリーな構造

WordPressはSEOに適した作りになっており、Googleの検索品質を担当していたマット・カッツも認めるほどです。

また、それを補完する用にSEO対策に優れたプラグイン「ALL in One SEO Pack」も公開されていて、まさにいたれりつくせりです。

WordPress導入のデメリット

01.ハッキングの攻撃対象にされやすい

WordPressは世界一利用されているため、それを狙ったハッキングの対象になりやすくなります。

そのため、きちんとセキュリティ関連のプラグインを導入したり、バージョンアップなどをしていく必要があります。

古いWordPressを利用したままだと、セキュリティーホールがあった場合になんの対策もない状態で放置していることになるため、無差別アタックを受けた際にハッキングを受けてしまうことが有ります。

弊社にも、「いきなりホームページが真っ白になったのでどうにかしてほしい」というご相談をもらった事があり、調査したところ、古いバージョンのWordPressを利用したままで、なんのセキュリティー対策もしていなかったため、ファイルを書き換えられていました。

02.バージョンアップの頻度が高い

これはメリットでも有り、デメリットでも有ります。

開発の現場としてはバージョンアップが多いことは非常に良いことなのですが、利用側からするとすこし厄介です。

なぜなら、うえでも書いたようにセキュリティーの問題があるため、バージョンアップ自体は対応していく必要が有りますが、利用しているテーマやプラグインが新しいバージョンでも動くかどうかというのは、事前にテスト環境で確認して置かなければなりません。

これは個人で行うには非常に手間がかかります。

まず、テスト環境を用意しておく必要がありますし、もし動かなかった場合どうするかという判断も必要になってきます。

可能であれば制作会社の方と相談してバージョンアップをどうするか事前に決めておきましょう。

バージョンアップなどについても時間と手間はかかりますが、実施方法については今後記事にしていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、WordPressの導入はメリットも多いですが、デメリットもあります。それをきちんと認識した上で導入するのと、何も考えずに無料でできそうだからWordPressで運用するのとではデメリット部分が発生した場合の対応に差が出てきます。

きちんとした知識をみにつけて運営できるようにしていきましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。