ショートコードで簡単に子ページを表示するWordPressプラグイン – Child Pages Shortcode –

childpage

企業サイトをWordPressで構築している場合、そのページの配下にある子ページの一覧を表示したいケースが良く有ります。

知識があればテンプレートをカスタマイズして子ページの一覧を表示させることができますが、標準機能では対応することができません。

そんな問題を解決するのが、今回紹介するプラグイン「Child Pages Shortcode」です。

Child Pages Shortcodeについて

このプラグインを利用するとショートコードを利用して子ページの一覧をページに表示することができるようになります。

詳しい利用方法は作者様のページ(日本語)で公開されていますのでそちらをご確認ください

サムネイルに対応

子ページのサムネイルに対応しているので、アイキャッチ画像を設定しておくことで視覚的にもアピールすることができます。

スクリーンショット 2016-07-10 19.13.28

パラメーターで細かく制御可能

出力内容は、パラメーターをしているすることでカスタマイズすることが可能です。

スクリーンショット 2016-07-10 19.15.09

テンプレート内でも使用可能

ページだけでなく、テンプレートにショートコードを記述してもきちんと表示されます。

プラグイン情報

制作者

Takayuki Miyauchi

動作環境

3.8〜

ダウンロードURL

Child Pages Shortcode


企業サイトでは子ページがどんどん増えていったりするため、手動で記載していると漏れなどが発生してしまい、好ましくありませんので、こういったプラグインを利用することミスを防ぎ、効率化しましょう。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。