たったひとつのプラグインで実用的な37種類の機能が利用可能なWordPressのJetPackプラグインの機能紹介 ~ カスタムCSS ~

カスタムCSS

今回はJetPackの機能である「カスタムCSS」についてご紹介します。

カスタムCSSについて

カスタム CSS エディタを使うとテーマの CSS を追加または置き換えできるようになります。構文カラーリング、自動インデント、リアルタイムな CSS ルールチェック機能も含まれています。

CSS エディタを使うには「外観 → CSS 編集」画面に移動してください。

カスタムCSSを利用すると、テーマで作成されたCSSを新たに上書きしていくことができます。

スクリーンショット 2016-08-23 23.10.31

しかも、SaasとLessに対応したことで、プロが使えばかなりの効率化に繋がるようになりました。

この機能を利用することで、細かいパーツやプラグインで利用しているHTML構造のデザインの調整などをテーマに依存せずに管理することができるので、いろいろなテーマを使う場合はとても便利です。

まとめ

デザインは改善していく上でかなりの頻度でCSSを更新していきますが、テーマを変更するとこれまでの資産が全て失われてしまうというのが問題でした。

パーツ類のデザインなどでこの機能を利用しておけば、大枠のデザインとなるテーマを変更しても、パーツのデザインをそのまま使える様になります。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。