WordPressでデザインをPC・スマホにそれぞれ最適化するなら – Multi Device Switcher –

- Multi Device Switcher -

スマートフォンに対応する場合、レスポンシブデザインの対応が多いのですが、レスポンシブデザインの場合はデザインのカスタマイズや切り替えの検証などが煩雑になるので、知識が無いとなかなか難しいですよね。

そんなときはPC用とスマートフォン用のテンプレートを分けて運用するのがとても簡単です。

ただ、その場合は閲覧されているデバイスの判定をしなければいけません。

そんな時は今回紹介するプラグイン「Multi Device Switcher」を利用することで解決する事ができます。

Multi Device Switcherについて

このプラグインを利用することで、スマートフォン・タブレットなどでテーマを分けることができます。

スクリーンショット 2016-07-20 1.31.19

それぞれどんな端末が割り振られているかは、ユーザーエージェントのタブで書くにできます。

スクリーンショット 2016-07-20 1.32.14

PC版に切り替えられるようにするボタンも設置可能です。

- Multi Device Switcher -

スクリーンショット 2016-07-20 1.39.24

プラグイン情報

制作者

thingsym

動作環境

3.4〜

ダウンロードURL

Multi Device Switcher


SEOなどのことを考えるとレスポンシブのほうが良いですが、管理やデザインカスタマイズの点から言うとこうやって切り替えられる方が便利ですね。

ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。