WordPressのユーザーの権限を簡単に作成するプラグイン – User Role Editor –

screenshot-1

WordPressを様々な人と共有して莉芳する場合、WordPressがもともと持つユーザー権限だけではうまく管理できないことがありませんか?
投稿するだけでその他の変更が一切できないユーザーなど、様々なユーザー権限が必要なシーンが沢山あると思います。

そんな状況を今回紹介するプラグイン「User Role Editor」が解決してくれるかもしれません。
スクリーンショット 2016-06-20 23.55.48

User Role Editorについて

このプラグインを利用することで、自由にユーザー権限を作成することができます。

ユーザー権限の作成

ユーザー権限を新しく作成することができます。
既存の権限のコピーから作ることも可能です。
screenshot-1
screenshot-4

権限の範囲

投稿/ページ、著者、タクソノミーIDリストを使用して投稿/ページ/カスタムポストタイプの編集にユーザーアクセスを管理します。

作ったユーザー権限を割り当てる

任意に作成したユーザー権限を複数のユーザーに対して割り当てられます。

インポート/エクスポート

作成したユーザー権限をエクスポートして、他のWordPressのサイトで利用することができます。

プラグイン情報

制作者

Vladimir Garagulya

動作環境

4.5.2〜

ダウンロードURL

User Role Editor


ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。