表示速度を改善するならおすすめのWordPressプラグイン – W3 Total Cache –

w3totalcache

WordPressは比較的大きなアプリケーションですので、標準のまま利用していると表示の速度が遅く感じることがあります。

WordPressではデータベースからコンテンツを取得し、その情報を元にページを生成するという仕組みをとっているため、静的なページを表示する場合に比べると、どうしても大幅に表示速度が遅くなってしまいます。

そこでよく利用されるのがキャッシュという仕組みを利用します。

キャッシュというのは、一時的に保存されるデータで、それを利用することで動的にページを生成するというどうしても時間がかかってしまっていた工程をなくし、静的なページとして表示することが可能になります。

そんなキャッシュをうまく利用できるようにしてくれるのが、今回紹介するプラグイン「W3 Total Cache」です。

スクリーンショット 2016-06-28 22.18.10

キャッシュについて

キャッシュには以下のようなものがあります。

  • ページ
  • データベース
  • ブラウザ

W3 Total Cacheについて

今プラグインを利用することで、サイトの表示速度を改善することができます。

さまざまなキャッシュの仕組みに対応

このプラグインでは上に書いた3つのキャッシュに全て対応することが可能になっています。

CDNに対応

Cloud Flareと連携することでCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)にも対応しています。
スクリーンショット 2016-06-28 21.57.50

スクリーンショット 2016-06-28 22.24.32

コードの最適化

利用しているHTML・CSS・JSのコードを圧縮してソースコードの読み込み量をへらします。

スクリーンショット 2016-06-28 22.08.03

プラグイン情報

制作者

Frederick Townes

動作環境

3.2〜

ダウンロードURL

W3 Total Cache


キャッシュ系のプラグインはいくつかあるのですが、今回ご紹介したW3 Total Cacheは対応している範囲が広いプラグインですので、まずはこちらの導入をしてみるのが良いと思います。
キャッシュは非常に強力なツールなのですが、サーバーとの相性なども問題となりますので、W3 Total Cacheは定番のプラグインではあるのですが、サーバーによってはサーバーエラーが出るものも有りますので、事前にきちんと確認してから利用しましょう。


ダブルドット合同会社 代表社員
Webディレクター
1980年生まれ

  
大学卒業後、法律事務所にてシステム部の部長として、ホームページを活用してわずか数年で数人規模から数百人規模へと成長させ、その経験を元に、ECサイト制作会社にてディレクターとして小規模から大規模のディレクションを行う。
インターネットになれないWeb担当者や店舗オーナーの方にもインターネットの恩恵を受けられるようにしたいと思い、2015年にダブルドット合同会社を設立。

「デジタルデバイドなくす」をモットーに誰もがインターネットの恩恵を受けられる社会を目指して活動中。

趣味はロードバイクで、休日は晴れていれば基本的に走っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Chatworkによるお問い合わせ・ご相談

ダブルドット合同会社ではChatwork(チャットワーク)というビジネスチャットツールを使ってのお問合せも受け付けております。
ご利用になる場合は弊社アカウントまでコンタクト申請をお願いいたいします。
もちろんお電話やフォームからのお問合せでも構いません。お好みの方をお使いください。対応速度はチャットワークの方が若干早いと思います。

SNSでもご購読できます。